「信じる如くなる」、この一年こうありたいと願いましたら、その願いに向かって、もう不必要なことは絶対に考えない。信仰にとって「ただ一路に生きぬく」ことが大切であります。

(手島郁郎『人生の詩篇』より)