こちらは音声でお聞きできる講話です。(再生時間:13分2秒)
※音声が再生されない場合は音声設定をご確認ください。音声設定の確認画面へ(外部リンク)

 ヨハネは言った、「まむしの裔(すえ)よ、悔い改めに応(ふさ)わしい実を結べ。心の中で自分たちには父祖アブラハムがあると思ったりするな。私は言うが、神はこれらの石からでもアブラハムの子らを起こすことができるのだ」
(マタイ伝福音書3章8節)

 12月25日、クリスマスの日が近づきつつあります。クリスマスはご存じのようにイエス・キリストの誕生をお祝いする全世界あげての祭日であります。

 キリストは、どのようにして生まれられたか? まず新約聖書の巻頭、第1ページに、マタイ伝は長たらしく、イエス・キリストの系図を書いております。片カナで人の名前が40人以上も次々と出ていて、誰しも読んでウンザリします。

 しかし、聖書は「まずイエス・キリストの系図から読め!」と言わんばかりに、その系図を、れいれいしく第1章に載せております。

 たぶんその理由としては、「アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図」とありますように、ナザレのイエスこそ、神様が「我が友、アブラハムよ」と呼んで尊んだ信仰の父・アブラハムの子であるということを言いたいためでしょう。また、ユダヤの国を最初に統一したダビデ大王の子孫であるということを、誇らかに宣言したいからだろうと思われます。

 イエス・キリストが誕生する以前から、もし、メシア(キリスト)、すなわち神の霊が注がれた不思議な人物が生まれるとするならば、それはダビデの系統から生まれるだろう、と預言者イザヤなども言っていまして、当時の人々に広くその事が信ぜられていたからであります。それにしても、この系図を読んで疑問に思うことがあります。

(1972年)