【第5連】  
In the world’s broad field of battle,
In the bivouac of Life,
Be not like dumb, driven cattle!
Be a hero in the strife!
この世の広い戦場においても、
人生の露営においても、
唖のように追われる家畜のごとくあるなかれ!
闘争場裡(とうそうじょうり)の英雄であれ!

 この句は非常にいいですね。人生の大きな戦場において英雄であれ、人生の露営(ビバック)においても英雄であれ! 羊や牛馬などの家畜が群れをなして追われてゆく。シェパード犬にワンワン吠えられながら、羊の群れが唖のように黙々と荒野の涯を行進してゆく。そのようであるなかれ、というのです。闘争においてはヒーローであれ! どうぞ皆さん、台所の隅っこにあっても女主人公(ヒロイン)になってください。随所に主となれ! 人生のわび住まいをするような露営の時でも、英雄であれ! 原始福音の群れはヒーローでなければなりません。

 どのような場所においても、いつも人生は戦いであります。戦う限り、勇者でなければなりません。丈夫(ますらお)でなければなりません。これが私たちがキリストから召された理由であります。「汝ら世にありては悩みあり、されど雄々しかれ、我すでに世に勝てり」(ヨハネ伝16章33節)と、キリストは言われました。私たちは負けるために、悲しむために信仰するのではありません。この地上で勝つために信仰するのであります。このように、人生観、信仰観(考え方、信じ方)を切り替えねば、せっかく年頭に祈った祈りも、ついに実りません。

 時代の流れ、思想の流れのままに「あっち向け、ハイ。こっち向け、ハイ」というような人には信仰はわかりません。主体的信仰というものが、わかるものでない。組合運動の指導者から、「組合でこう決議したから、さあストライキをする。さあスクラムを組め、さあ街頭を行進せよ」とハチ巻させられ、組合の宣伝カーにアジられて歩く。私はあれを見ると、「ハハァ、家畜の群れが歩いている、かわいそうに」としか思わんですね。本当に死活問題で戦っている労働運動ならわかるけれども、年中行事としての闘争であって、やれ組合の団結とか規律とか、やかましいことを言って手かせ足かせ、時間まで制限されて束縛される。あれは盲従する家畜の群れでしかない。私たちは決してそうあっては相ならぬ! こういうことは信仰に相通じます。

(1960年)