こちらは音声でお聞きできる講話です。(再生時間:11分50秒)
※音声が再生されない場合は音声設定をご確認ください。音声設定の確認画面へ(外部リンク)

※音声は1973年にラジオで放送されたものですが、以下の文章はラジオ講話の原稿と、クリスマス祝会での講話をあわせて編集したものです(『生命の光』512号に掲載)。そのため、一部音声と異なる点がありますので、ご了承ください。

 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその中に入って彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。
(ヨハネの黙示録3章20節)

 私が20歳前後のころに読んだ本に『さまよえるキリスト』という題名の本がありますが、イエス・キリストほど不思議な、神秘な存在はないと思います。

 イエス・キリストは、エルサレムの郊外、ゴルゴタの丘で当時の宗教家たち、また特権階級から恐れられ嫌われまして、十字架の処刑を受けて死なれました。

 その屍(しかばね)は、貴族アリマタヤのヨセフの、岩壁をくりぬいた立派な墓に葬られて、大きい石でふさがれて、警備兵に固く守られていました。しかし、翌々日の朝早く、弟子のペテロやヨハネやマグダラのマリヤなどがお墓に行きますと、墓の入口をふさいだ大きい岩がころがっていて、墓の中は空っぽで、イエス・キリストの遺骸を見ようにも見ることができませんでした。

 弟子たちは落胆のあまり失望して帰りましたが、女のマリヤは諦めきれず、泣きだしてしまいました。すると、背後に、すっくと立つ白い衣を着た人がいて、「マリヤよ、マリヤよ」という声にふり返って見ますと、その人こそは、恩師、イエス・キリストでした。

 ある時は、ガリラヤの海辺にお姿を現して、信仰を失い漁師になって働いている弟子たちに、魚を焼き、パンを用意して「さあ、朝の食事をしなさい」と言って、彼らを慰め、師を見捨てたことを何一つとがめることなく、愛の言葉をかけられるのでした。

 また、迫害を逃れてちりぢりになってゆく弟子たちの中に、エルサレムからエマオヘの道を旅する2人の弟子がありました。そのそばにやって来ては、聖書を説き明かす人がいるので、見ると、それはイエス・キリストでした。やがて、その姿が見えなくなった時、彼らは互いに言いました、「道々お話しになったとき、また聖書を説き明かしてくださったとき、お互いの心が内に燃えたではないか」と。

 また、エルサレムのペンテコステの二階屋、マルコの家に閉じこもって、みんなが迫害を恐れて、おびえていますと、かたく閉ざされた一室に、どこからともなく、壁を透過してか、姿を現されて、人々と共に交わり、語らい、彼らを慰めて「自分の肉は死んだけれども霊は生きている。聖霊を受けよ」と言って、彼らに息をふきかけられました。そして、十字架にくぎづけられた時の両手、両足の血痕を見せたり、また、胸を開いて脇腹の槍で突かれた傷痕(きずあと)を示されたりするので、疑い深いトマスも、「おお、わが主、わが神」と言ってひれ伏し、キリストが霊的に生きておられることを、信ぜざるをえませんでした。