詩篇第1篇は、ヘブライ語の原文では冒頭から噴き出るように「アシュレー 幸いなるかな」という言葉が発せられています。主イエスは、マタイによる福音書の「山上の垂訓」冒頭から、「幸いなるかな」という言葉を何回も語っておられますが、それと同様です。

 ですから、この詩篇第1篇の1節は、「幸福だなあーっ! 悪しき人々のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、神の座に来てよかったなあーっ、自分は!」と解すべきです。

 詩篇の序文ともいうべきこの第1篇が、この「アシュレー!」の喜ばしい叫びで始まっている。詩篇全150篇、いや聖書全66巻は、この幸福の秘訣を何とかして伝えようとするにほかなりません。

幸いだ! 悪しき者のはかりごとに歩まず、
罪人の道に立たず、
嘲る者の座にすわらぬ人は。
このような人は主のおきてを喜び、
昼も夜もそのおきてを口ずさむ。
このような人は流れのほとりに植えられた木の
時が来ると実を結び、
その葉もまたしぼまないように、そのなすところは皆栄える。
悪しき者はそうでない、風の吹き去るもみ殻のようだ。
それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。
罪人は正しい者のつどいに立つことができない。
主は正しい者の道を知られる。
しかし、悪しき者の道は滅びる。
(詩篇第1篇 一部私訳)

アシュレー!(幸いなるかな!)

講義する手島郁郎
(1963年 淡路新年聖会)

 この詩篇は、普通の人の解釈では「悪しき者や罪人の道に立って歩んだりしないならば、幸福が約束される」と、何か倫理的な教訓を説くもののように読んでいます。とんでもない間違いで、全篇にみなぎるのは、詩人の祝福の実感、恵福な体験そのものであって、未来の幸福の予約ではない。また、勧善懲悪の道徳を論じようとするのでもありません。

 他の人たちのように「悪しき者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、嘲る者の会に出席せぬ」というのも、この詩人が「内なる幸福(アシュレー)」を知っているからにほかならぬのです。真の幸福の喜びが、溢れるように実在するのに、何ゆえ一般の人々はこれを知らないのか。知らないばっかりに、罪に走り、悪事に染まるのです。

 毎朝、私は目が覚めると、いつも心臓がドキドキとして、目にはいっぱい涙を浮かべております。「嬉しいなあ、神様! 私はなんと幸せなんでしょう!」と口に叫んでいます。

 私がひとり目を覚ます場所は、ベニヤ張りの粗末なあばら家、その書斎のべッド。頭の1尺先はもう路地で、両隣には連れ込み宿があり、毎夜遅くまで客足しげく、嫌な男女の話し声がうるさくて、寝られない晩もあります。しかし、こんな熊本市の中央、淫蕩な裏町にあるのに、私の心は天国さながらで、毎朝目覚めるとともに、もう幸福が河のように、海のうしおのように私を取り囲んでいます。この詩篇第1篇のように、「アシュレー! 幸せだなあーっ、私は!」と、ひとり内心に喜びを叫びながら、神への感謝で明け暮れしております。

想像の衝き上げ――善悪の根源

 しかし、詩篇の第1篇の最初から、「悪」とか「罪」とか「嘲り」という語が出ており、また同様の言葉が詩篇の多くの詩中に幾百回も繰り返し出ていて、どうも目障りに思われます。何ゆえに「悪」や「罪」が存在し、発生するのか?

 創世記第1章を見ますと、「神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった」(31節)とあります。ところが6章を見ますと、「主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、『わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう』」(5~7節)と言って、ノアの洪水を起こされた、とあります。創造の初め「はなはだ良かった」ものが、何ゆえ「悪」と化したのか。楽園追放どころか、大洪水で一掃して、人間を滅ぼしてしまおうと神様が思われるほどに、どうして最善の「神の似像(にすがた)」たる人間が最悪になってしまったのか?

 現代有数の宗教哲学者であるマルチン・ブーバーは、「人間の心に思いはかることが悪い」とある点に注目して、このようなことを言っています。「『思いはかること(imagery イミジェリー)』は想像力というより、それによって生み出される結果である。その原語であるヘブライ語『イェツェル』は imagery impulse イミジェリー インパルス(想像せしめる衝き上げ)であり、これが良くも悪くもなる。人間そのものが悪くなったのではない。その心に思い浮かべること、想像の衝き上げが悪いのだ」

 人間は本来よきものです。しかるにその心に思いはかる想像が悪いという。たとえば、テレビは元来よいものです。しかしながら、私の家では子供にテレビを見せません。この頃のテレビは、家庭の風俗を乱すような場面しか映らないからです。テレビ自身には罪はないが、放送される映像が悪いから、私はテレビをのけるか、スイッチを切りたいのです。すなわち作られるイメージが間題なのです。人間が悪いのではない、人間の作るイメージが悪いから、暴逆が地に満ち、悪の力がはびこったのだ、と聖書は神話的に善悪の根源を説いているのです。

(1963年)

「幸いなるかな! 第2回」はこちらをクリック