今日はヨハネ伝9章に記されている、生まれながらの盲人の目がイエス・キリストによって見えるようになった、という記事を読みます。このような生まれつき盲人であった者が、眼科手術を受けたわけでもないのに見えるようになったというのは、驚くべきことです。信じがたいことです。それでこの箇所を解釈するのに、今の教会では、「これは、人間の心の盲目、霊的盲目が癒やされたことを、たとえ話として書いてあるのだ」などと説きます。

 しかしキリストは、「わたしは地上にいる間、世の光である」と言って、ご自分がこのような病に悩む人々にとって、実際に救いの業をなす生命の光であることをお示しになりました。私たちはこれを「然り、アーメン」と言って、信じて読みとうございます。

今も働かれるキリスト

 イエスが道をとおっておられるとき、生れつきの盲人を見られた。弟子たちはイエスに尋ねて言った、「先生、この人が生れつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それともその両親ですか」。イエスは答えられた、「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したのでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである。わたしたちは、わたしをつかわされたかたのわざを、昼の間にしなければならない。夜が来る。すると、だれも働けなくなる。わたしは、この世にいる間は、世の光である」。イエスはそう言って、地につばきをし、そのつばきで、どろをつくり、そのどろを盲人の目に塗って言われた、「シロアム(つかわされた者、の意)の池に行って洗いなさい」。そこで彼は行って洗った。そして見えるようになって、帰って行った。
(ヨハネ伝9章1〜7節)

 このような箇所は、体験がない者には読めないものです。しかし聖書は、これが真理であるということを明らかに訴えております。

盲人を癒やすイエス(エル・グレコ画 部分)

 先日、大阪でもこの箇所を講義しましたが、その時あるご婦人が立って証しをなさいました。

 自分はお寺の家に生まれたが、母親は産後の肥立ちが悪く亡くなり、その後、父親も亡くなった。おばあさんに育てられたが、戦時中のことで食糧事情が悪く、栄養失調のためか、目がほとんど見えなくなった。手術をしても、度の強い眼鏡をかけてやっと少し見える程度で、暗い時には全く見えない。それで歩くこともできず、どんなに辛かったか。ところが、別府で行なわれた幕屋の聖会に出て聖霊を注がれたら、眼鏡なしで歩けるようになったし、針の穴にも糸を通せるようになった、と証しされた時、皆が驚きました。現代においてもこういうことが起こるというのは、神が今も生きて働いておられるという何よりの証しでした。

 「いやしの水脈(ながれ) 幕屋にあふれ 温泉(いでゆ)の如く 民をうるおす」という賛美歌を私が作ったのは、今もキリストの臨在したもうところ、同様な奇跡が起きる、ということを言いたいからです。これをあなたは信じることができるか。そうでなければ聖書を読むことはできないでしょう。

宿命の鉄鎖を断つ者

 多くの人は、手島はなぜ神癒というようなことを強調するのかと言います。私は別に強調するわけではない。キリストはすべての人の癒やし主である。身体が癒やされるだけではない。心が癒やされ、生活が改善され、事業が祝され、魂が癒やされる。それを語り伝えるのが、私の伝道です。もし癒やしの信仰ということを否定するならば、福音書や使徒行伝の多くの部分を切り取ってしまわなければなりません。そのくらいよく癒やしについての記事が記されております。

 「イエスが道をとおっておられるとき、生れつきの盲人を見られた」と1節にあります。これはおそらく、「麗しの門」と呼ばれた、エルサレム神殿の門を出られた時の出来事でしょう。

 弟子たちがイエスに尋ねたのは、誰が罪を犯したからこの人は盲目なのか、ということです。当時、病気は人の罪の結果であるとされ、本人にせよ、その親にせよ、罪の報いが病気という刑罰として与えられると考えられていました。しかし、この人の場合は生まれながらの盲人ですから、本人が生まれながらに罪を犯すことはないわけです。そうすると親の罪か。親が悪いから、子が遺伝的に悪いというのだったら、ほんとうに気の毒なことです。それを「宿命」といいます。また、原因が悪いから結果が悪い、現在が悪いのは過去の行ないが悪いからだという考え方を「因果応報」といいます。

 けれどもイエスは、それに対して「誰の罪である」とも答えられなかった。逆に「ただ神の御業が、彼の上に現れるためだ」と言われました。過去の行ないが悪いから現在が悪いという因果律に私たちが繋がれているならば、どうしてもその因果律から脱することができません。しかし、ここでこの盲人になさったように、宿命の鉄鎖を断つことができる者、これキリストであります。

 私たちは因果応報的な考え方というものに強く支配されており、それから抜け出るということは非常に難しい。だが、かりに自分が罪を犯したためであったとしても、それ以上にキリストの贖いがある、と知ることが大切です。

(1963年)

※「困難と躓きを乗り越えて 第2回」はこちらをクリック