この聖書講話は、1972年5月、日本赤軍が起こした、イスラエルのテルアビブ・ロッド空港乱射事件の直後になされたものです。40年以上経った今も、民間人を巻き込む無差別テロが世界中で横行しています。この講話はテロが起こる原因と対応策を、聖書の観点から説いています。(編集部)

 先日の5月30日、テルアビブ・ロッド空港で、日本赤軍による事件が起きました。全く罪の無い26名の人々が殺され、73名にも上る人々が傷つけられました。

 私は、この事件を知りました時に、3、4人の日本の青年が起こしたことではないと思いました。これは、日本の文明のいちばん膿み爛れた部分が表に露出しはじめたのであって、やがてこの日本社会、日本の文明というものは崩壊するだろうと、つくづくそう思いました。

 私はこの数日というもの、事件のことを思うと食べ物が喉を通りません。イスラエル大使館に出掛けて、エイタン・ロン大使に謝罪を申し上げますと、「日本で起きたことでないから、そんなに気になさらなくていいですよ」と言われました。しかし、私は気にせずにはおれない。

 とても償いなどできませんけれども、どうしたらよいものかと思っております。日本人が今後どのように悪し様に言われても、それはしょうがない。だが、日本を愛しているイスラエルの友人たちが、事件後も、「今もあなたたちへの思いは変わらない。私はまた日本に行きますよ」という電話を下さる時に驚きました。そんなに言われますと、ますます痛み入りました。

(1972年)