「原始福音キリストの幕屋」のホームページです。日本人の心で聖書を読んだ手島郁郎の創刊による月刊誌『生命の光』、聖書の講話、聖霊による回心の証しなどを紹介しています。

聖地留学

聖地留学の目的

seichiryugaku1

ヘブライ語の授業

 日本語訳の聖書を読むだけでは、深く聖書の心を理解し、その底に流れる霊的な生命を汲むことはできません。それは、シェークスピアの劇を真に理解するためには、その舞台であるイギリスを訪れ、現地の社会・文化・歴史・言語に触れてみないとわからないのと同様です。

 そこで手島郁郎は、未来を担う若者たちを次々にイスラエルの聖地留学に派遣しました。まずキブツ・ヘフチバでヘブライ語の初歩を勉強したのち、上級クラスのあるキブツや、ヘブライ大学などで学びます。聖書が綴られたイスラエルの聖地に立ち、旧約聖書のヘブライ語や歴史・風土を学ぶことは、聖書の信仰を深める上で大きな魂の糧となります。

 また、現代イスラエルに触れて、幾多の迫害を乗り越えて建国を果たしているユダヤ人の開拓者魂と不屈の精神、その愛国心から学ぶことに、大きな意義があります。

 もう一つの大事な目的があります。それは、日本人として、また信仰者としてのアイデンティティーに目覚め、自分の使命を発見することです。イスラエルの預言者やイエスの弟子たちのように、聖地で魂の突破を願って祈り、神の声を聞いて、新たな生涯を踏み出すことです。

 留学時代に友と祈り、愛を交わす共同生活の体験は、一生の宝となります。 こうして若者たちが帰国して、それぞれの場で聖書の信仰をもって日本のために生きています。

キブツ・ヘフチバ Heftzi-Bah

あなたはもはや「捨てられた者」と言われず、
あなたの地はもはや「荒れた者」と言われず、
あなたは「わが喜びは彼女にある(ヘフツィ・バ)」ととなえられ、
あなたの地は「配偶ある者」ととなえられる。
主はあなたを喜ばれ、
あなたの地は配偶を得るからである。
(イザヤ書62章4節)

seichiryugaku_heftzi-bah

キブツ・ヘフチバの日本庭園

 この名を冠したキブツ・ヘフチバは、イスラエルの北方、ギルボア山麓のエズレル平原にある共同体です。キブツ・ヘフチバは1922年に東欧からのユダヤ人帰還者によって設立され、現在400人のメンバーを擁しています。

 幕屋は1962年以来、ヘフチバと姉妹関係を結んでおり、幕屋留学生は必ずこのキブツで、ボランティアとして働きながらウルパン(ヘブライ語教室)でヘブライ語の習得に努めます。ここで学んだ幕屋留学生の数は、すでに1000名を超えました。ギルボア山の麓には日本庭園が造られ、イスラエルの人々にとって憩いの場となっています。

エルサレム・マクヤセンター  Makuya Center in Jerusalem

 律法はシオンより出で、主の言葉はエルサレムより出る。
(イザヤ書2章3節)

seichiryugaku_makuya center1

講義を受ける留学生

 1988年より、エルサレム・マクヤセンターが、日本とイスラエル、二国間の文化交流の場として開設されました。幕屋留学生の勉学やイスラエル人講師によるゼミナール、そして祈りの場として用いられています。

seichiryugaku_makuya center2 seichiryugaku_makuya center3
聖地留学

子ページ:シオン便り

 

Copyright © 原始福音キリストの幕屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.