弓削田 倫子(りんこ)

弓削田清弘さん一家の「シャロン農園」(筆者は右から2人目)

 ヨハネ伝15章のぶどうの木の話は身にしみます。私の家ではぶどうを作っているので、この箇所を読むと、涙が出てくるぐらい感謝が湧いてくるんです。特に、「手入れしてこれをきれいになさる」という言葉が心に残っています。

 わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっている枝で実を結ばないものは、父がすべてこれをとりのぞき、実を結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、手入れしてこれをきれいになさるのである。……わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。
(ヨハネ伝15章1~2、5節)

(2017年 大津市在住)