渡辺 富三

 妙高聖会(2014年)では、メキシコや南米の方々でスペイン語だけの集会が行なわれました。私もスペイン語で証しをしましたが、このような集会が行なわれるなんて驚きでした。私はパラグアイに住んでいますが、普段は日本語だけで集会をしてきました。けれども今回、スペイン語しかわからないパラグアイ人の方も妙高聖会に参加されました。

 私自身、スペイン語で証しができるなんて思いもよりませんでしたが、内側から噴き出るように語らされ、不思議でした。これは私に、スペイン語で伝道することを神様が欲しておられる、神様が強制してでも新しい時を導いておられると感じました。そして、皆さんがほんとうに喜んでくださいました。

(2014年)