大野 誉生夫(よせふ)

 するとイエスは言われた、「幼な子らをそのままにしておきなさい。わたしのところに来るのをとめてはならない。天国はこのような者の国である」
(マタイ伝19章14節)
神影君(右から3 人目)10歳の誕生日に、家族そろって

神影君(右から3 人目)10歳の誕生日に、
家族そろって

 今から5年前(2012年)、当時5歳だった次男の神影(こうよう)が、難病のネフローゼ症候群になりました。腎臓がうまく機能しなくなり、血液中のタンパク質が少なくなってしまう病気です。以前は亡くなる人も多かったそうですが、ステロイド系の薬ができて、治療ができるようになりました。でも、たくさんの副作用があります。

 何度も入院し、治らなくて何回も薬を変えました。「この薬を使っても効かないかもしれません。そして、このような副作用があります」ということが書かれた承諾書に、何回もサインしました。

 今度こそは、と期待して、それでも効かずに次の薬に変える。そのたびに、顔が満月のようにまん丸くなったり、急に毛深くなったり、薬の影響で次男の外見がどんどん変わるのです。親として、動揺しないわけはありません。

(2017年 千葉県在住)