光永 ナオミ

 キリストに愛された人は、弱くなればなるほど、強くなれるのでしょうか。私の親友は3年半、がんで体は弱っていくのに、魂は熱く生きていました。その姿を、私は一生忘れないでしょう。

 私は、昨年(2018年)8月に行なわれたびわ湖世界聖会に、難病を患う息子を連れて参加しました。

 3日間の聖会の最後、会場の後ろで車椅子に座る息子を見つけて、声をかけてくれた婦人がいました。

 「紘一郎(こういちろう)君、希望をもって生きるんだよ!」

 私の親友の三浦直美さんです。彼女も車椅子でやって来て、キラキラした目で励ましてくれたのです。

 息子は、自宅に帰る車の中で、直美さんのことを、「自分がいちばん大変なのに……、あんな人になりたい」と、聖会でいちばん心に残ったのは直美さんの姿だったと言います。

突き抜けた喜びとがんの発病

筆者(左)と故・三浦直美さん

 直美さんと私は、若い頃からの親友で、よく将来について語り合い、祈り合う仲でした。

 お互い結婚してからは、それほど交わりはありませんでしたけれど、5年前、私の息子が難病を患い、寝たきり状態になったことを聞きつけた彼女は、息子の回復を願って祈りつづけてくれました。

 実は直美さんも、子供さんのことで長い間悩んでいたのです。彼女はくじけそうになりながらも、やっとの思いで集会に行き、祈っていたそうです。その時、生けるキリストに出会う体験をしたのです。

 その集会の後、家庭の問題は続いていても、神様は絶対に最善をなしてくださると、突き抜けたような雰囲気で、私に電話をかけてきてくれました。

 「私も苦しいところを通ったけれど、今はほんとうにうれしいの。ナオミちゃん、紘一郎君も絶対に大丈夫よ」と、喜びあふれる生き生きとした声でした。

 直美さんにがんが見つかったのは、その後でした。彼女は、家族のためにも生きなければと、何度も抗がん剤治療や大きな手術を受けました。

 でも、がんは進行しつづけます。治療を受けてもなかなか好転しない状況に、呻くような時もあったそうです。でも、ご主人や子供さんたちの、また多くの方の必死な祈りに天が応えて、大きくなったがんが、剥がれるように手術で取れた奇跡も起きました。

キリストの愛あふれて

 私はその頃、息子の主治医の先生から、回復はもう見込みがないと宣告され、心が折れて絶望感に打ちのめされていました。

 全身の末梢神経が機能しなくなるこの病気は、神経が再生されるのが難しく、手足を動かすことも寝返りもできない状況が、一生続くと言われたのです。

 ある集会で、私はうなだれて祈っていると、誰か、温かい手を背中に当てて祈ってくれる人がいました。誰だろうと後ろを振り返ると、(えっ、直美ちゃんじゃない)、びっくりしました。

 闘病中の彼女は、這うように会場に来ていたはずなのに、自分のことより私のために祈ってくれていたのです。申し訳なさとうれしさで、祈りが終わったら何も語らず、抱き合って泣きました。今でも、彼女の祈る姿が心に焼きついて離れません。

 直美さんの切なる願いは、家族のために生かしてください、ということだったでしょう。だから、神様を慕い焦がれる燃えるような姿が、そこにはありました。

 祈りによって彼女は聖霊に満たされ、愛にあふれていました。同世代の友が元気がないと、一人ひとりに声をかけ励ますだけでなく、病室でも祈っていました。

 病は彼女から多くを奪ったけれど、奪うことができない、家族や友への愛は日増しに強まっていきました。

息子に起こった奇跡

 「絶対元気になって、お互い自由に動き回って幕屋の子供たちのために祈り、働こうね」と、2人で誓い合ったことがありました。けれども、3年半の闘病の末、去年の秋、直美さんは苦しかった病の体を脱ぐように天に帰っていきました。

 でもその後、すぐに不思議なことが起きました。

 難病になって5年、寝たきりだった息子は徐々に車椅子に乗ることができるようになり、歩くリハビリも始めていました。ところが、直美さんが亡くなられた1週間後、近所を松葉杖で歩いていた時です。

 「何か、いつもと違う。足の裏に地面を蹴る感触がある」と気づき、長く麻痺した足の感覚が戻りはじめたのです。足に力が入って、それまで300歩ほどしか歩けなかったのに、その日は4000歩も歩けたのです。

 神経の回復にはかなりの時間がかかると言っていた主治医の先生に、立って歩く姿を見ていただくと、「いったい何があったんですか」と、驚きを隠せないようすでした。長い間、ほとんど神経は回復せず、未来に希望がもてなかった息子に突然起きた現実を見た時、直美さんが天で働いてくれていると、私ははっきりわかったのです。

 絶望的な状況でも、彼女に愛と生命を注ぎつづけてくださったのはキリストの神様です。息子に、希望をもって生きるんだよ、と言ってくれた直美さんは、今、神様のそば近くで生きている、そう感じました。 

 私は、息子の病気で右往左往して、信ずる心が弱っていましたが、彼女を思い出す時に、信仰に燃える思いがもう一度甦ってきました。

 息子の病気だけではなく、麻痺していたのは私の心だったと思います。私の魂をも回復させてくれたのは、彼女の必死に祈る姿でした。

 私も天を慕いつつ、直美さんと誓った誓いを生涯かけて生きていきたいと願っています。

(2019年 平塚市在住)