担いでいるのはトーラー(聖書)の巻物

 週ごとに読んできたトーラーを、1年間かけて読み終えた喜び。そしてまた新たに読みはじめる喜び。二重の喜びで、毎年秋になると、この祭りを祝う人々の熱気は最高潮に達します。

 トーラーはユダヤの民にとって単なる巻物ではなく、民を祝福へと導いてくれる導き手です。

 トーラーを抱き上げて歌い踊る姿は、勝利に導いてくれた監督を胴上げしているかのよう。おっとっと、あまり興奮して落とさないように。

(かずさ ひかる)

※今年(2017年)のシムハット・トーラーは、10月12~13日です。